パイプオルガンは、大正9年に徳川頼貞がイギリスから購入し、
昭和3年に東京音楽学校に寄贈されたものです。
アボット・スミス社製で、パイプ総数1379本あります。
わが国最古の貴重なコンサートオルガンで、柔らかな音色が特長とか。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。