朝倉文夫作、滝廉太郎像です。入り口の脇においてあります。
滝廉太郎も、ここのホールでピアノを弾きました。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。