田園調布の家(大川邸)は、大正14(1925)に現在の東京都大田区田園調布に
建てられた住宅です。平成5年まで使われていました。
「居間中心型」という、居間を中心として、その周りに
食堂・寝室・書斎が配置された、特徴のある配置になっています。
 
田園調布は、渋沢栄一によって設立された「田園調布株式会社」が開発した
郊外住宅地のひとつで、関東大震災起った翌月の大正12年(1923年)10月に分譲が開始されました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。