昭和2年に建てられた建物です。全体を銅板で覆われたその姿は、
関東大震災の後に建てられた、防火対策の施された看板建築の特徴を表しています。
この建物は全体的には洋風ですが、2階が和風の作りになっていて
和洋折衷のデザインになっています。
また、外観は装飾的に作られ、特に2階の窓の上のアーチ部分の装飾には手が込んでいるそうです。
装飾の中央には、ローマ字の「U」「S」を重ねた模様が見られますが、建物を建てた植村三郎氏の
イニシャルからとったものと思われます。
 
純情きらりでは、磯の有森洋装店として使われました。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。