昭和初期に千代田区神田神保町に建てられた、店舗併用住宅です。
関東大震災後に多く建てられた「看板建築」という様式で建てられています。
前面部を銅板で覆われた外観、装飾的な屋根上端部の柱やパラペット(建物の屋上の低い手すり壁)など、
特徴的なデザインとなっています。
外を覆っている銅板にも、青海波や一文字、網代などの模様を用いるなど、趣向を凝らしています。
 
ちなみにここが、第5週「サクラサク?」で桜子が履歴書を持って入り、
身元保証人がないとダメと断られた荒物屋です。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。