小岩は、東京の傘の産地として当時有名でした。河野商店は、傘を作ったり
完成品の傘を仕入れて小売店へ卸す傘問屋もしていました。
河野商店で傘を作っていたのは明治末から大正5年ごろまでで、その後昭和20年ごろまで、
もっぱら傘の問屋としての商いをしていたみたいです。内部は、昭和5年ごろの問屋としての
店先を再現しています。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。