昭和9年(1934)、桐生織物同業組合の事務所として建てられました。
主体構造は木骨で、外壁に当時流行していたスクラッチタイルを貼り、
屋根は青緑色の洋風瓦葺となっています。登録文化財になっています。
織物に関する各種組合の事務所が置かれ、長い間、桐生織物協会の拠点として活躍してきました。
現在は、1階が「織匠の間」として、手織り機などの貴重な道具類や、
和洋それぞれの織物製品を展示しています。
地階にはボイラー室がありますが、現在は使用されていません。
2階の会議室では、講演会や各種催し物が開かれています。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。