滝山寺・滝山東照宮

このページは、旧サイトをそのままコピーしたものです。
掲載されている写真や文章が古い場合もありますが、ご了承ください。

滝山寺・滝山東照宮

滝山寺は、7世紀ごろ建てられました。が、その後荒廃しては建て直されたりしてきました。 滝山東照宮は、徳川家光によって建てられ、日光・久能山の東照宮と並んで 日本の三大東照宮の1つになっています。

本堂の地図

交通:名鉄東岡崎駅6番バス停からバスにのり、滝山寺下、下車
カーナビマップコード:51849119*16 (駐車場)

三門の地図

カーナビマップコード:51819608*04 (三門)

仁王門(三門)

市内最古の建物です。

滝山寺境内

滝山寺本堂

足利尊氏によって建てられた本堂です。


滝山東照宮

日本三東照宮のひとつです。

鬼まつり

旧暦1月7日に近い土曜日に行われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です