川見薬師寺の入口から、田代川を50mほど下ったところに、柿ヶ入沢散歩道があります。この散歩道は、国道419号線の川見橋から、下流の広見橋(もしくは新上仁木橋)までの、およそ500mほど続いていて、特に写真のような、川見橋の脇から田代川を見た眺めは、川面を挟んで桜と紅葉の列が向こう側まで続き、絶景スポットです。なんと、愛知県豊橋市出身の松平健さんも、愛知県のプロモーションでこの場所の真似をしたほどです…。

交通:名鉄豊田市駅からとよたおいでんバス小原・豊田線「上仁木」下車 徒歩15分
カーナビマップコード:98021524*38 (川見駐車場)
カーナビマップコード:98021132*68 (上仁木駐車場)

↑Topへ

INDEX

↑INDEXへ

田代川の絶景スポット(スタート地点)

↑INDEXへ

柿ヶ入沢散歩道

散歩道は、田代川の左岸にあります。最初のほうは舗装された道なのですが、奥の方はジメジメした未舗装になっていますので、歩くのにはスニーカーなどの泥が付いてもよい靴がおススメです。

↑INDEXへ

柿ヶ入沢散歩道の中間点-折り返し地点

左側にイチョウの木が現れると、柿ヶ入沢散歩道の中間点です。

↑INDEXへ

ゴール地点:広見橋~戻り~川見駐車場

帰りは広見橋(新仁木橋)を渡り、国道419号線を川の上流へ歩いていくのですが、このあたりが柿ヶ入の地名の由来なのかな?、柿の木がたくさんあり、桜と柿のコラボレーションも見ることができます。


↑INDEXへ

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。