田代川・柿ヶ入沢散歩道

小原の四季桜・紅葉

小原村(※)の四季桜は、藤本玄碩(ふじもとげんせき)という医師が、名古屋方面から苗を求めて植えたのが最初で、親木となり広まったと言われています。その生息は珍しく小原村の他、鎌倉(神奈川県)の「冬桜」、白子(三重県)の「不断桜」、三ケ日(静岡県)の「十月桜」が有名で、4月と10月から12月の二度、花を咲かせます。
小原村では、昭和53年に村の木に制定し、村を上げてその保護、繁殖を図り、今では村内にその数約4000本を数えるようになりました。その中でも昭和59年に愛知県の天然記念物に指定された大字前洞の名木(二村守氏所有)は、樹齢100年を超え、毎年その時期になると美しい花を咲かせて訪れる人々を楽しませています。
平成の現在では、地区内の四季桜の数は10000本以上あるそうです。
10月始めからポツポツと咲き、11月中旬から12月上旬までが見頃で紅葉とのコラボレーションが、とても美しいです。ちなみに春も花が咲くのですが、花が小ぶりで、かつ青葉が茂った状態で咲くので、春よりも秋のほうが見頃です。
※)現在は合併して豊田市ですが、かつては、西加茂郡小原村でした。

田代川・柿ヶ入沢散歩道

川見薬師寺の入口から、田代川を50mほど下ったところに、柿ヶ入沢散歩道があります。この散歩道は、国道419号線の川見橋から、下流の広見橋(もしくは新上仁木橋)までの、およそ500mほど続いていて、特に写真のような、川見橋の脇から田代川を見た眺めは、川面を挟んで桜と紅葉の列が向こう側まで続き、絶景スポットです。なんと、愛知県豊橋市出身の松平健さんも、愛知県のプロモーションでこの場所の真似をしたほどです…。

散歩道は、田代川の左岸にあります。最初のほうは舗装された道なのですが、奥の方はジメジメした未舗装になっていますので、歩くのにはスニーカーなどの泥が付いてもよい靴がおススメです。

左側にイチョウの木が現れると、柿ヶ入沢散歩道の中間点です。

帰りは広見橋(新仁木橋)を渡り、国道419号線を川の上流へ歩いていくのですが、このあたりが柿ヶ入の地名の由来なのかな?、柿の木がたくさんあり、桜と柿のコラボレーションも見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です