「和紙の村」とも呼ばれる豊田市小原地方では、室町時代から「紙すき」が行われてきました。特に、植物の繊維を染めたものを絵の具がわりにして、紙をすきながら絵を描く「絵すき」は、小原の人気のある芸術作品です。
和紙のふるさとでは、小原和紙を芸術品として広めた、工芸家藤井達吉の作品を鑑賞できることができる施設や、紙すきの体験などが行える施設がある公園です。また、この施設内には、紅葉や四季桜などが植えられていて、秋の四季桜の咲くころは、ここでも紅葉と桜のコラボレーションを楽しむことができます。

交通:名鉄豊田市駅からとよたおいでんバス小原・豊田線「和紙のふるさと」下車徒歩5分
カーナビマップコード:281845285*62

↑Topへ

INDEX

↑INDEXへ

和紙のふるさと

和紙展示館

和紙展示館には、藤井達吉や他の作家の和紙の作品の展示がされています。
また、和紙で作られた競技用カヌーの展示も行われています。
(入場料200円、館内は撮影禁止です。)

ちなみに2017年は、「小原の四季桜×fLOWERS by Naked」という展示も行われました(このイベントは撮影OKでした)。

工芸館

和紙の販売のほか、紙すき体験もすることができます。

休憩所(レストハウス)

無料の休憩所です。和紙作品や、お土産などが売っています。

↑INDEXへ

和紙とお食事 紙の花

和紙のふるさとの、向かいにあるお店です。
お土産の販売のほか、中でお食事ができます。五平餅定食がおススメ!!

↑INDEXへ

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。