和紙のふるさと

小原の四季桜・紅葉

小原村(※)の四季桜は、藤本玄碩(ふじもとげんせき)という医師が、名古屋方面から苗を求めて植えたのが最初で、親木となり広まったと言われています。その生息は珍しく小原村の他、鎌倉(神奈川県)の「冬桜」、白子(三重県)の「不断桜」、三ケ日(静岡県)の「十月桜」が有名で、4月と10月から12月の二度、花を咲かせます。
小原村では、昭和53年に村の木に制定し、村を上げてその保護、繁殖を図り、今では村内にその数約4000本を数えるようになりました。その中でも昭和59年に愛知県の天然記念物に指定された大字前洞の名木(二村守氏所有)は、樹齢100年を超え、毎年その時期になると美しい花を咲かせて訪れる人々を楽しませています。
平成の現在では、地区内の四季桜の数は10000本以上あるそうです。
10月始めからポツポツと咲き、11月中旬から12月上旬までが見頃で紅葉とのコラボレーションが、とても美しいです。ちなみに春も花が咲くのですが、花が小ぶりで、かつ青葉が茂った状態で咲くので、春よりも秋のほうが見頃です。
※)現在は合併して豊田市ですが、かつては、西加茂郡小原村でした。

和紙のふるさと

「和紙の村」とも呼ばれる豊田市小原地方では、室町時代から「紙すき」が行われてきました。特に、植物の繊維を染めたものを絵の具がわりにして、紙をすきながら絵を描く「絵すき」は、小原の人気のある芸術作品です。
和紙のふるさとでは、小原和紙を芸術品として広めた、工芸家藤井達吉の作品を鑑賞できることができる施設や、紙すきの体験などが行える施設がある公園です。また、この施設内には、紅葉や四季桜などが植えられていて、秋の四季桜の咲くころは、ここでも紅葉と桜のコラボレーションを楽しむことができます。

和紙展示館

和紙展示館には、藤井達吉や他の作家の和紙の作品の展示がされています。
また、和紙で作られた競技用カヌーの展示も行われています。
(入場料200円、館内は撮影禁止です。)

ちなみに2017年は、「小原の四季桜×fLOWERS by Naked」という展示も行われました(このイベントは撮影OKでした)。

工芸館

和紙の販売のほか、紙すき体験もすることができます。

休憩所(レストハウス)

無料の休憩所です。和紙作品や、お土産などが売っています。

和紙とお食事 紙の花

和紙のふるさとの、向かいにあるお店です。
お土産の販売のほか、中でお食事ができます。五平餅定食がおススメ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です