このページは、旧サイトをそのままコピーしたものです。
掲載されている写真や文章が古い場合もありますが、ご了承ください。

三河地震による地割れ

昭和20年1月13日午前3時38分頃、三河湾を震源とするマグニチュード7.1の地震が発生し、愛知県の三河湾沿いの地域に甚大な被害をもたらしました。
断層が起こり、場所によっては高さ1.5mも隆起してしまい、その断層跡が、天然記念物として残されています。

住所:愛知県蒲郡市一色町狭間20
カーナビマップコード:51216890*22 (駐車場)

三河地震

宗徳寺の裏山に、地割れ跡があります。

地割れ

地割れ跡は、記念物指定当時は41mにも続いていました。

宗徳寺

地震で、伽藍に1.5mの段差が出来てしまいました。

コメントを残す