正式な名称は「真言宗高野山派 瑠璃光山薬師寺」 と言います。
開山時期は不明ですが、現在の建物は、江戸末期から明治初期に建てられたもので、本尊の薬師如来像は、室町末期の作といわれています。

交通:名鉄豊田市駅からとよたおいでんバス小原・豊田線「上仁木」下車 徒歩15分
カーナビマップコード:98021524*38 (川見駐車場)

↑Topへ

INDEX

↑INDEXへ

階段

境内は山の上にあるので、175段の階段を上っていきます(車用の登路もあります)。

↑INDEXへ

本堂

階段を登り切った、鐘楼の左手に、本堂があります。

(本堂内部は、撮影禁止です…。)

蝦虹梁(えびこうりょう)の昇り龍、降り龍

本堂の軒下の梁、「蝦虹梁(えびこうりょう)」と言いますが、2本あるこの梁には、龍が彫られています。それぞれに、昇り龍、降り龍が彫られています。

↑INDEXへ

甘酒

あと、境内の右手の寺務所では、甘酒などがいただけます(有料です)。

↑INDEXへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です