パノラマSuper殺人事件…というかCM!

撮影場所:名鉄岐阜駅・一宮駅・東岡崎駅
撮影カメラ:Panasonic HC-WX990M(4K撮影)
音楽:『展覧会の絵より「小人」』・『Tears』/Roland RNS
   『この街』/小田和正
   『Heaven Is A Place On Earth』/Belinda Carlisue
製作:あずとりえ
公開日:2017年2月16日
上映時間:3分53秒

©Azutelier, 2017

イントロ

物語は、パノラマSuperの前面展望から始まります。
「土曜ナロー劇場」とタイトルを入れるだけで、あらま、サスペンスドラマに早変わり!?!?
これから、なにか事件が始まる感じがしませんか??

午後5時29分、名鉄一宮着…。
鉄道サスペンスといったらおなじみの光景ですね(^^)
ちなみに、カチャカチャというタイプライターの音、今回は、「CDトレイオープン」音を使用しましたw。

何か事件が起こりそう…な、心理的に迫るBGMで、CMに入ります。

CM1

CM前とは打って変わって、
小田和正さんの、ほのぼのした曲「この街」に乗って、CMが流れます。
実はこの曲、名鉄120周年のテーマ曲で、最近、名鉄名古屋駅でも流れているんですよね〜(^-^)

なーんていいつつ、実は、これ、ただのCMではありません…。
実は「通常の連結風景」を、見本として見せるためのものだったのです…。
(名鉄の場合は、通常の連結器の下の、電気連結器を繋ぐ必要があるので、一度バックをして、きちんと連結されていることを確認するそうです。)

私は、このCMの、このシーンが一番好きです。
奥からこっちに向かって、電光掲示板がずらっと連なるのが良い感じ、と思ったのですが、乗務員さんがやってきて、これから発車するぞって言う感じと、あと、お母さんの手を引っ張る男の子が、とってもほのぼのとした感じの画になりました。

実はこのシーン、青いミュースカイの2000系と、赤い通常の3100系、普段はまず、繋がることのない編成が連結されていたのです。
また、あとから気がついたのですが、先ほどの男の子が、電車に向かって手を振っていますね(^o^)

ちなみに、「名古屋鉄道」としなかったのは、ウソCMだからですw

CM2

よくありますよね、同じCMが2度流れること。
そんな感じで、今回の見せ場のシーン(なのです!!)が始まります。
…ちなみに、BGMは、Belinda Carlisleさんの、「Heaven Is A Place On Earth」です。どこかで聴いたことある曲ですよね???そう、名鉄本線と競合する、JR東海の「プレイバックエクスプレス」のCMで使われた曲ですww。なぜこの曲を選曲したかって!?!?…それは私の好きな曲だからですw。

実は、今回、連結に失敗した、とてもレアなシーンが撮れたんですよね〜。
なんとなく、新人さんが操作してみた感じもするし…。でも私、実は、少し感動してしまったのです(^-^;;。だって、6両編成の特急電車(合計◎◎トン)を、後ろへ前へ、動かすんですよ〜。電車といえば、まず、お客さんを乗せる、あこがれの運転士さんが思い浮かぶのですが、そうじゃなくても、こういう、お客さんを乗せないで、電車を操作できるお仕事があるんですよ〜。

そんなわけで、「メェ〜テツ」のCMでしたw
今回はあえて、「メェ~テツ」としましたが、名鉄ハイキングのCMで、やぎさんも「メェ~テツ」♪っていうのが元ネタです。

エンディング?

さて、CMも終わり、犯人を追いかけるような、おなじみな感じのBGMで、サスペンス本編が…
…終わってしまいますw。
実は、CMを含めて、画面中の字幕は、ノリで作っていますw。

++ご安全に++。
作業員さん、これからも、安全に気をつけて頑張ってくださいね、という意味を込めて。


実はこのビデオ最初から最後まで、パノラマSuper1200系の、1114Fが写っています。
名鉄岐阜駅で連結作業、名鉄一宮駅でミュージックホーンFULL、そして、東岡崎で私が下車…と、こんな感じです。
構想を練っているうちに、よし、今回は、CM形式にしよう、と思いつきました。
…なんていいつつ、イントロの殺人事件(風なビデオ)は、ちょっとやりすぎだった気もします…w