昭和36(1961)年、イタリアの展望特急「セッテベロ」を参考に、日本初の、運転席を2階に上げて前面展望を望めるようにした車両です。 7000系(または7500系)は「パノラマカー」という愛称で、前面展望と「ミュージックホーン」を装備した、特急から普通まで運用のできる、名鉄のほぼ全線で見られることの出来た、名鉄ではおなじみの車両でしたが、老朽化と省エネが原因による、新型車両への置き換えにより廃車が始まり、平成21(2009)年8月30日、最後まで残っていた一編成が廃止されました。 現在、静態保存されているパノラマカーを見ることが出来るのは、岡崎市にある、名鉄の「舞木検査場」と、豊明市の「中京競馬場」の2箇所ですが、舞木検査場のパノラマカーは、イベント時でないと、滅多に見学することが出来ません。一方、中京競馬場のパノラマカーは、競馬が開催される時以外にも、競馬場内に入ることが出来れば、いつでも、車内を含めて見学することが出来る他、土日には運転席の公開、さらには、競馬が開催されていない土日には、運転席から「ミュージックホーン」を鳴らすことが出来ます。

INDEX

中京競馬場「パノラマステーション」
7027、7092、7028 の3両編成で展示がされています。
主に土日に開放されていて、特に競馬のない日には、運転席に上がりミュージックホーンを鳴らすこともできます。

舞木検査場のパノラマカー (仮でブログに飛びます)
7001、7002の2両編成で展示されています。特に7001は、フェニックスエンブレムなど、登場当時の様子に復元されています。

現役時のパノラマカー
現役時の様子を、写真やビデオでお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です