前洞の四季桜

前洞の四季桜

ヒガンザクラの変異型かと考えられ、小原地区に広く見られる特徴のある桜です。
明治39年(1906年)所有者 二村利夫氏の祖父が日露戦争において戦死し、その忠魂碑の建立と同時に植樹されたもので樹齢は約110年と推定されます。
春はヒガンザクラと期を同じくして満開となり、秋は彼岸から咲き始めて11月、12月と続いて咲きます。

カーナビマップコード:98050043*27 (駐車場はありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です