最終更新日:2019年10月02日
画像差し替え済

三河武士のやかた家康館

三河武士のやかた家康館は、徳川家康公の人間像と艱難辛苦(かんなんしんく)の道をともに歩んだ、三河武士の生きざまを紹介するために、岡崎城二の丸跡地に昭和57年に建てられた施設です。
地階常設展示室では、「三河物語」の著者である大久保彦左衛門を案内役に、松平八代から家康公が天下を取るまでの道のりを5つのテーマによってわかりやすく紹介します。
また、特別展示室と1階展示室では、季節に応じた企画展を開催しています。


↑Topへ

関連

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。