撮影日:2008年06月08日 13時48分
カメラ:メーカ=Panasonic モデル=NV-GS500

Copyright:(C)Azutelier

>リンク元ページに行く

5月5日の端午の節句にはショウブの葉を湯船に浮かべる「菖蒲湯」に入るのが
慣わしですが、このショウブはサトイモ科の植物で、花もガマ(蒲)の穂のような
形状です。ハナショウブはアヤメ科なので、全く別の植物になります。
漢方薬にも使用されるショウブは、根茎に芳香があり
古くから邪気を払うものとされていました。
ショウブは、湿地に生える宿根草です。根茎は横に這い広がり、
草丈は70cm~120cm以上にもなります。花は株元付近にサトイモ科独特の
直径5センチ前後の目立たない花穂を上げ4月中旬から5月中旬にかけて
開花します。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。