上地八幡宮の、うこん桜が、7日くらいから咲きだしたみたいです。
ちなみに、今年は、咲くのがちょっと遅いですね~。花が咲きだす前に、うこん桜まつりが始まってしまいました。

左近の桜-鬱金桜-
神様から見て、右側を右近、左側を左近と呼び、
その左近の場所に鬱金桜(うこんざくら)という名前の桜が植えられました。
慎ましやかな薄きみどり色の八重の花から、「美人桜」とも呼ばれ、
美しい女性をあらわし、幸せを呼ぶ桜といわれます。

境内では、お抹茶を楽しむことが出来ます。
(特に雨天は、社務所の中でお抹茶を楽しむことが出来ます。)

ちなみにうこん桜は、咲き始め、咲き中、咲き終わりと、3度楽しむことのできる桜です。
詳細は、うこん桜のページにまとめてあります

ちなみに、JR東海道本線線路の踏切脇には、松月桜という八重咲の桜が植えられています。
こちらも、まだつぼみなのですが、徐々に咲いてきそうです。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。