画像作成日:2012年05月20日 16時55分

Copyright:(c)Azutelier

>リンク元ページに行く

大永7年(1527)、徳川家の前身である松平氏の譜代家臣・酒井忠親の次男として、
三河額田郡井田城(岡崎市井田町)に生まれました。
元服後、徳川家康の父・松平広忠に仕え、家康が今川義元の人質として駿府に赴くとき、
最高齢の家臣として、同行しました。
その後、桶狭間の戦いののち、家康に重宝され、その後手柄を立て、
「東三河の旗頭」として、三河東部の諸松平家・国人を統御する役割を与えられます。
その後も家康の主な戦いにはすべて参加をし、戦功をたてています。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。