撮影日:2007年06月30日 15時51分
カメラ:メーカ=Panasonic モデル=NV-GS500

Copyright:(C)Azutelier

>リンク元ページに行く

巴川の支流郡界川にある、高さ30メートル、幅7メートルの滝で、
岩盤畳積して激流が二層となって落下するので、この名前があります。
昔は、渓流に「かじか」の声を聞き水勢盛んで壮観を極めましたが、
発電所の取水口が出来てからは水量が減り、趣を変えました。
この付近一帯の眺望はよく、並立する奇岩が多く、滝つぼの横に
大蛇の住むと言われる穴があり、
「昔ここに大蛇がいて、見た人は蛇の毒気により熱病にうなされる」と言われていました。
そこで、たたりを恐れて祭ったという言い伝えがあります。

0件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。