4Kカメラ買いました…使い心地など。


新しいカメラを買いました♪。Panasonicの、HC-WX990Mです。
…というものの、実は…

今まで使っているカメラ(Panasonic HC-900M)が、だんだんと劣化していったからです…。
劣化した部分は、レンズ部分。ズームしたときに手振れ機構がジージー音がすることと、あと一番ひどいのは、一番表面のレンズの、裏面(内側)がボロボロになってしまっていました。
(ちなみに買ってから、もう、5年経ちますね…)
修理を出そうかと思いましたが、せっかくなので、新しいカメラを買うことに決めました。

早速使ってみたのですが、実際のところ….
「民生用4Kカメラは、まだ早い!!」そんな感じです…(=_=)

その理由は…

  1. 4K30pである。
    確かに、4K映像は、めっちゃ綺麗です。
    でも、30p(1秒間に30コマ)というのが、ちょっと残念…(=_=)。
    もっとも、今まで使っていたカメラって、1080-60p(1秒間に60コマ)なんですよね…。
    現在のデジタルテレビでも、その前のアナログテレビでも、一応、1秒間に60フレーム切り替わるので、30pでは、とってもカクカクに見えてしまいます。
    ちなみに、4K60コマ(4K60P)で撮れるカメラもあるのですが、セミプロ向けなんですよね~。お値段も大きさも大きいので、バッグにポイ出来ない…。
  2. 音声が2chのみである(サラウンドではない)
    私の買ったカメラはPanasonicのものなのですが、SONYのカメラでも、現在の段階では、4K撮影の場合は、サラウンド音声が録音できません。
    (民生用4Kカメラの商品紹介で、「サラウンドで録音できます」とうたっていますが、あくまで、フルハイビジョンの画質の時のみ、サラウンドで録音可能です!!)
    どうやら、民生カメラでは、まだ、4Kでサラウンドを録音できる規格が策定されていないみたいです…。
    (なんていいつつ、編集ソフトでは、画質4K、サラウンド音声というのも対応しているのですが。)
    せっかく、画質が良くて臨場感あるのに、音声が臨場感なしでは、とても残念です…。

こんな感じでしょうか。

話は変わって、それまで使っていた、HC-X900Mとの違いです。

そもそも、私がPanasonicのビデオカメラにしたのは、.
・3CCD(3MOS)である
ということだったんです。
CCD(MOS)というのは、カメラが光を感じ取る部分。Panasonic製は、放送局のカメラと同じ、「CCD(MOS)3枚」使って、映像を記録していたのです。民生機で。
(具体的に、色を光の3原色赤・緑・青と分け、それぞれのCCD(MOS)で受け取るので、普通の1CCD(MOS)のカメラと違って、輪郭が綺麗です。)

話はそれましたが、HC-X900Mとの違いです。

  • (○)傾き補正が付いている
    HC-X900Mは、3MOSでとっても綺麗な映像なのですが、いかんせん、動画撮影中は、ゆっくりゆらゆらと、画面が揺れます。
    あと、私自身、たまに、カメラを水平に構えることが出来なくって…w
    HC-WX990Mは、傾き補正が付いているので、傾きを気にすることなく、しっかりと映像を決めることが出来ます。
  • (○)ズームがスムーズ
    HC-X900Mでは、ズームレバーをゆっくり動かすと、ズームのスピードがガクッと上がるのに違和感がありました。
    HC-WX990Mでは、ズーム速度もスムーズに変わりますが、HC-X900Mのほうが、速度調節が多段階のような気がします。
  • (○)色がコロコロ変わらない
    HC-X900Mは、画質はいいのですが、ホワイトバランスが狂いやすく、コロコロと色が変わってしまっていました。
    HC-WX990Mは、3CCDではないので、色は安定しています。
  • (○)オートモードでも、明るさや色の微調整が出来るようになった。
    IA+モードというのがあって、IAモードの、微調整が出来ます。
  • (○)駆動電圧が7.2V→5Vになった
    ACアダプタが、1.8AのUSB端子の形になりました。5Vで1.8Aということは、同じ出力の出来るモバイルバッテリーでも代用できるので、スマホとモバイルバッテリーを共用できます。
    (×)フラッシュがなくなった
    写真撮影でも、フラッシュではなくビデオライトを使います。ちょっと光量が足らない気がします。
  • (△)ファインダーがない
    HC-WXF990Mという機種では、良さげなファインダーが付いています。
    WX990M(Fが付かない)にはファインダーが付いていない廉価版なのですが、最近はファインダーはほとんど使っていないので、なんとか我慢できます…。
  • (△)3Dアダプタが付かない
    3D撮影は割と好きだったのですが。結局、HC-X900Mも、重宝しますね。

カメラの変遷(撮影はスマホカメラです~)

「あ~ん、見えすぎちゃって~困るの~♪」
なんて某アンテナのCMがありましたが(^-^;;
4Kは、めっちゃ綺麗です。
でも、4K録画って、すぐにメモリが満タンになってしまうんですよね~。
あと、フルハイビジョン撮影も、HC-WX990Mのほうが、断然綺麗です。

でも…こりゃもしかすると…
4Kテレビが欲しくなる????

変な人が

急行列車で座っていたら、

「すみません、ここ座ります」ってお兄ちゃんがw
(つまり、ドケってこと)

優先席でもないし、ましてや座席指定でもないし、
隣座っていた人の知り合いでもなさそうだし、

手を振って、ダメダメと合図したのですが、

一体、何だったのだろう…

あ、クロスシートなので。

すごい体験した( ̄▽ ̄;)。

先日、岐阜と愛知県西武がすごい大雨に見舞われ、名鉄が、一時運転見合せになりました。

私も、帰宅途中だったのですが、数時間電車のなかで待たされ…
線路の安全を確認するための回送列車が走り…
ようやく、次の駅まで、列車が運行されました。

その、次の駅でのハプニングです。

列車が岩倉駅に止まってしまい、いままで乗っていた列車が回送になり、向かい側に止まっている、先程まで線路確認のため回送を行っていた2200系のドアが開きました。
まだ、行き先が決まっていなかったので、どのような案内表示になっているのか確認したところ…

「試運転」(@_@)

そう、いま、私たちは、試運転に乗車しているんです♪
試運転に乗車 試運転に乗車
ほう、試運転の時の案内表示は、こうなっているのですか(⌒‐⌒)
結局、向かい側の列車が、運行されるようになったので、この列車は、回送になってしまったのですが。

さらに待っていると、向かい側ホームに、こんな列車が。

ミュースカイです。 ミュースカイです。
なんと、全車特別車のミュースカイ、2000系が、普通運用です。(*^^*)
まあ、一部特別車ならあり得るのですが、こんな混んだミュースカイは珍しかったです。

その後、1200系の急行にも乗ったのですが、
そんなん目じゃなかったです。

サミットと知立駅と…

伊勢志摩サミットが開催されていますね♪
ニュースに出ていなかったけど、中部空港で、オバマさんと大村愛知県知事さんがハグしていたりとか…。
ちなみに、私の利用する駅は、こんなです…。
テロ防止1 テロ防止2
上:刈谷駅/下:東岡崎駅
ま、名鉄電車は、そのまま「中部空港にアクセス」していたりしますもんね…。

そうそう、そういえば、NHKでやっている「投稿DO画」に、名鉄知立駅が出ていました。
レールを使った、ホームの屋根とか…。
レールです。 レールです。
名鉄資料館とかも紹介されていましたね。

…で、知立駅。
立体交差切り替え工事中で、昔からあった、「レールを使った屋根」のホームは、無くなってしまうんです…。
テレビで紹介された、旧4番5番ホームは、現在は使われていないので…、
旧4番5番ホーム
電気も消えて、ひっそりとたたずんでいます。

…ちなみに、写真を写して、全然アップできていなかったのですが…、
知立駅おなじみの、「地下通路」は、もう、使えなくなってしまいました。
下の写真は、使用できる最終日に撮った写真です…。
知立駅地下通路 知立駅地下通路 知立駅地下通路

名鉄特急の中でWi-fiができるっぽいです(^^)

東岡崎とか知立とか、大きな駅のホームでは、Wi-fiが出来るのは、知っていたのですが…。

今日の帰りは、1700系、1703F(一般車)に乗りました。
で、そのままスマホをいじっていたのですが…。

いつもは、駅を離れると、自動的にLTEに切り替わるのですが、
今日に限っては、Wi-fi接続しっぱなし…。

おおおっ、もしかすると、名鉄特急の中で、Wi-fi繋がるようになったのかも??

…ちなみに、名鉄ホームページでは、駅や、特別車でWi-fi可能ってなっていましたね。ドコモだと、普通にDocomoWI-fiが使えるみたいです♪…。

岡崎公園の「舟着き場跡」は、実はウソだった!!

私も、ずーっと信じていたのですが…
岡崎公園の、お城の南側、乙川堤防のところに、「昔の舟着き場」という看板が立っていますが…、
そして、こんな写真を、アップしようと思っていたのですが…w。
昔の船着き場 M3230160M3230163

昨日、「岡崎城の南端(乙川沿い)に、400メートルの長さの石垣を発見!!」なんていうニュースがやっていたので、一般公開の説明会に行ってきました。

そしたら…上の写真の「出っ張り」の写真の場所…、
一見、地表から2メートルくらいの高さにあるので、「舟着き場」に見えるのですが…
(AZUも、昔は、あの高さまで水が来ていたんだ、なんて思っていましたが…)
実は…さらに下の部分にも石組みが続き…最大5メートルの高さの「石垣」の一部、さらに、この「出っ張り」は、「横矢枡形(よこやますがた)」という、石垣を登ってくる敵を、横から鉄砲で打ち落とすための防備だ、ということが分かりました。
(横矢枡形が、石垣に3つも作られているのは、他のお城ではとても考えられないことだそうです。)

実は、横矢枡形 S1320045

さらに、話を聞くと、岡崎城は、と~っても、立派なお城だったことも分かりました。
現在は市街地になっていますが、「城内」は、東西1.5キロメートル、南北に1.2キロメートルの広さがあったこと…。
(このお城の大きさは50万石級に匹敵するとか。ちなみに、普通のお城は、大きくてもせいぜい、500mくらいとか…)
そして、江戸城でも土になっている、お城の外堀が、石垣で出来ていること。
(この、乙川沿いの石垣は、徳川家光の頃に作られたらしいのですが、家康の生まれた岡崎城を立派に見せるために、この石垣を作ったみたいです。)
そして、「横矢枡形」の走りであること、また、お城北側の空堀も、日本一なものらしく…。

岡崎城って、とっても、自慢できる、お城みたいなんです(^o^)/

あ、そうそう…
今回発見された長さ400メートル、高さ5メートルの石垣は、総工費”10億円”に相当するみたいです。
(徳川埋蔵金を見つけたことに匹敵しますよ!!)

400mの石垣♪

高さ5mの石垣(掘り起こされた部分) 高さ5mの石垣(掘り起こされた部分)
今回掘り起こされた、石垣の根元部分
(「箱尺」の長さからすると、高さ4.5mなのですが、下部に土砂が流れ込み、少し埋まってしまったみたいです。)

なお、この石垣跡…。
また、埋められてしまうらしいのですが…。
(出来れば、見学できるように保存してほしいですよね♪)

 

これから、藤の季節になります♪

桜の時期も終わり、さつき(つつじ)も咲き始めました♪
岡崎公園のお花見は、これから、桜から、「藤」が咲きだします。

岡崎中心部の、藤の見どころは、
岡崎公園の、乙川と伊賀川が合流するところに植わっている、「五万石ふじ」と…
五万石藤 五万石藤
(過去の写真です。今年になって、藤棚の足元が、整備されています♪)

あと、岡崎市役所の北側にある、「徳王神社」の藤まつりがオススメです♪
徳王神社 徳王神社
(こちらも、写真は過去のものです。)

いっぺんこりん
ちなみに、こちらの写真、名鉄の「岡崎グルメキャンペーン」のポスターなのですが、
ポスターに写っている藤が、岡崎公園の五万石藤で…、
写っている女の子が、「竹っちょ」という、徳川家康の幼名「竹千代」をもじったキャラと…、
大っきな花見団子(1本1500円!!)です♪
名鉄の「岡崎グルメキャンペーン」は、5/31まで行われています。
岡崎グルメキャンペーン2016(名鉄ホームページ)はこちら

…あと、岡崎…花便りは…
藤のあとは、「奥殿陣屋のバラ」が続き…、
そして…「伊賀八幡宮のハス」が続きます…。

あ、お祭りに関しては、
「新明宮大祭」が、GW後に行われますし…、
そして、今年は、岡崎市制100周年の年であるので…
「市制記念日」あたりに、すごいパレードが開かれるとか♪
…そして、「花火大会」(岡崎観光夏まつり)があって…
結構忙しいかも♪

そんなわけで…、
「いっぺん、と言わず、何度でも、こりん、岡崎。」