名鉄特急、塗装更新車が増えましたね…。

今年の4月頃、新塗装の2210系(2210F)が試運転を行い…。

2210F@舞木検査場
2210F@舞木検査場。EL120電気機関車撮影会の日にいました。

6月1日に、2210F(特別車)に乗れたときには、
新車の匂いというか、「シンナー臭いなぁ(=_=)」と思ったり…。

2210F前面 2210Fエンブレム 2210F特別車車内

2210F一般車側面 2210F一般席前面

まだデビューしたてで、写真を取る人が結構いました。
(私も、降りるはずの東岡崎を乗り過ごし、わざわざ豊橋まで乗って、撮影しましたww)

その後、また2210Fに乗れた♪、と思ったら実は2211Fだったりしたこともあって…。

またその後、1700系も、塗装変更というか、改造前の1600系へのリバイバル塗装されていることを知って、珍しいのでパチリ…。

1700系更新塗装1701F(リバイバル塗装)

ようやく、1700系リバイバル塗装に乗れた、と思ったので、またまた終点まで乗ってしまい、撮影しました♪

1702F前面 1702F方向幕

(1700系(特別車)って、新造された前面や一般車はフルカラーLEDみたいな表示なのですが、1600系を改造しただけの側面は、「幕回し式」の方向幕を使っているんですねw)

1702F一般車側面 2210F一般席前面

2210Fが出て以来、名古屋本線の特急に乗るたびに気づいたのですが…。
「結構、黒い窓の下に赤線が描いてある車両(新車?)とすれ違うことがあるなぁ…。」
なんて思っていましたが…。

結構、新色塗装の車両って、いるんですね(~o~)。
…っていうか、新色塗装(窓の下に赤いラインを入れる塗装に変更)って、それまでの2200系の塗装では、ミュースカイと間違えてしまうから、なのかな~、なんて思ったりもして(^-^;;。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です