鞍ヶ池公園の名鉄電車

先週土曜、NHKにて、外国人向けの名鉄電車の特集番組が放送されていたので、見ました。
内容としては、ミュースカイ(空港特急)、犬山の観光、あと名古屋駅のお話があったのですが、メインのトークが行われたロケ場所が、豊田市、鞍ヶ池公園の名鉄電車でした。
だから…、久しぶりに、この電車を見に行ってきました♪。

見に行くのは、なんと、8年ぶりでした。当時は、ペンキ塗り直し後の直後っぽく、とてもきれいな車体だったのですが…。今回行ってみたら、なんかもう、ペンキは所々が剥がれ落ちているし、車内の座席も、結構破れた後があって、ちょっと、ショックでした…。

でもまあ、この日も、子供さんがいっぱいいて、車内の中を元気に走り回っているし、好かれているんだなこの電車、と、ちょっとほっこり。

毎月、岡崎市南公園のSLを清掃している私としては、この電車にペンキ塗ってあげたいな~、と、ちょっと思ったりして。

ちなみにここにこの電車がやってきたのは、テスト用車両として、豊田線を、「いの一番」に走った縁があってのこと、です。名鉄豊田線は、つまり地下鉄鶴舞線と相互乗り入れをしているのですが、開業当時の地下鉄3000系も、ほとんど廃車されていたりするし、時の流れを感じますね。

ちなみに、放映されていた番組は、NHKの、「Japan Railway Journal」でした。
私の見たのは、地上波でのローカル放送だったのですが、英語版はここから見ることができます。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/japanrailway/20181019/2049057/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です